*

2018.06.16【明治神宮花菖蒲鑑賞】

公開日: : 最終更新日:2018/06/19 残したい記録

明治神宮花菖蒲鑑賞
平成30年6月16日(土)曇り
明治神宮花菖蒲鑑賞ご招待
花菖蒲は渋谷区の「区の花」です。
新緑の季節を迎え、明治神宮御苑の花菖蒲も見ごろを迎えます。
そこで日頃区政にご協力をいただいている皆様を、明治神宮御苑へご招待いたします。どうぞ、美しい花菖蒲をお楽しみください。
日時:平成30年6月8日(金)~17日(日)
場所:明治神宮御苑
明治神宮御苑入苑時間
8:00~16:00(土日は17:00まで)
平成30年5月吉日
http://www.meijijingu.or.jp/hanashobu/index.html
案内状を頂き都合のよい16日土曜日、梅雨の晴れ間を見て、昨夜の雨に洗われた、神宮の森を訪ねる。時間が早かったせいか御苑は人が少なく散策が楽しめた。おしむらくは花が終わりに近く、摘み取られた茎が目立つ花菖蒲田だった。


神宮橋9:05                               神宮橋御由緒下記参照

神宮橋は大正9年(1920)、明治神宮の造営時に山手線を跨いで架けられ、当時としては珍しく、鉄骨を使用したコンクリートの橋桁であった。橋の装飾は最も苦心したところで、御影石の高欄部分には黒松を吹寄植して橋を渡る人々に下を走る列車を気付かせないよう配慮すると共に橋詰には石燈籠を現代化した親柱を建てた。
多くの人々に親しまれてきたこの橋も、寄る年波には勝てず、60有余年間その使命を十分に果たし、新しい橋に架け替えられた。
新しい橋は古い橋の姿をできるだけ損なわないように高欄は御影石を使って再現し、親柱は当時の石材を補修してそのままの形に復元した。そして、歩道部分の舗装には御影石を組合せてその中に渋谷区の木「けやき」をデザインして配置し、新しい原宿の町にふさわしく明るい感じとしたものである。
昭和57年(1982)9月  東京都
東門看板                          東門

明治神宮境内の案内図                   花菖蒲園案内図

御苑に入る9:15

水面に浮かぶ睡蓮

羽根を休めるアオサギ                     隔雲亭前の明治神宮御苑案内図

隔雲亭                           御由緒はトップページに

菖蒲田御由緒

菖蒲田
この菖蒲田は明治三十年頃 明治天皇の御思召により優秀な品種を集め植えられたもので、当時は八十余種でしたが、現在では百五十株を数え、緑の谷間に咲き競う景観は環境のよさと共に見事です。
花菖蒲には江戸(東京)種、伊勢種、肥後(熊本)種の三系統がありますが、ここの花菖蒲は江戸種です。花期は例年六月上旬から七月上旬です。


しほれた花を摘む管理者                     清正井パンフレット参照

北門9:40                            明治神宮へ参拝

正殿前9:50

関連記事

2011.08.13~16【盂蘭盆会】

平成23年8月13日 盂蘭盆会 13日の故郷の日の出 さつま畑と柿の実

記事を読む

2014.11.19 【小江戸川越】

小江戸川越 平成26年11月19日(水) 17日、功、突然上京清瀬市・東村山に住む妹の発案で川越

記事を読む

2011.06.03 【ブログはじめました】

所属する東京ハイキングの下見や、プライベートハイキングの山行を報告したく、ブログを始めました。

記事を読む

2012.11.20【新宿花園神社二の酉】

2012.11.20【新宿花園神社二の酉】 新宿花園神社平成24年11月20日二の酉参詣 花園神

記事を読む

2016.03.02 【”兄ちゃん”兄ちゃん”の声が聞けなくなって】

弟 佐野 紀元 2016.02.27午前11時逝去享年75歳 佐野家6人兄弟の二番目 誰からも愛さ

記事を読む

2022.03.07【日赤入院と3月】

日赤入院と3月 令和4年4月6日 日本赤十字社医療センター施設配置図 1階 2階

記事を読む

2014.06.20~22 【西国札所巡りⅥ】詳細

平成26年6月20日(金)~22日(日) 西国札所巡りⅥ詳細 行先】京都府 旅の詳細は SHUN

記事を読む

2012.12.22 【佐野俊一郎 喜寿の祝】

平成24年12月22日 佐野俊一郎喜寿のお祝い次男家族と

記事を読む

2012.10.03~06【結婚50週年と喜寿を記念して】

結婚50週年と喜寿を記念して思い出に紀伊半島を巡る 平成24年10月3日~6日 10月3日(木)

記事を読む

2014.09.29 【佐野俊一郎79歳】

1935年10月1日生まれ 多くの人々支えられ、79年も生きて来られた今日は全ての人に感謝の日と決

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    5人の購読者に加わりましょう
2023.06.23【新橋演舞場】

新橋演舞場 令和5年6月23日(金) 誘われて、新橋演舞場 夜の部

2023.06/18【東京サマーランドのあじさい】

東京サマーランドのあじさい 令和5年6月18日(日) 集 合:京王

2023.06.17【小石川後楽園】

小石川後楽園・菖蒲と睡蓮 令和5年6月17日(土) 梅雨休みを利用

2023.06.12【鎌倉あじさい】

令和5年6月12日(月)小雨 鎌倉の紫陽花 地元の、澤井さん、秋山

2023.03.04【蔵王・スノーシュー】山便り

蔵王・スノーシュー山便り 令和5年3月4日~6日 4日から2泊3日

→もっと見る

PAGE TOP ↑